元々パンが大好きで、美味しいパン屋さん特集の雑誌はすかさず手に入れたり、テレビでやっている美味しそうなパン屋さんの特集番組は欠かさずチェックして、電車に乗ってでも買いに出かけていた私です。

元々大食いの私。
食パンなんて一斤全部いってしまうくらい止まりませんでした。

ある日、料理上手と評判のお友達の家でのお食事会に招待していただきました。
彼女は、私以上に食べるのにものすごくスマート。
身長166cm、体重は49キロと、ちょっとしたモデル並みの体型なんです。
彼女のお手製の美味しいお料理の数々は本当にどれも美味しくて箸が止まらず、ついつい食べ過ぎてしまうほど。

そして、ふっと気が付いたことは、どのお料理にも小麦を使っていないこと。
揚げ物は米粉や大豆粉を使い、パン食ではなく、パエリアの大皿が置かれました。
デザートはケーキではなくお団子。

彼女は別に小麦アレルギーがあるわけではないのに「どうして?」と聞くと、グルテンフリーを実践しているとのこと。
グルテンの中に含まれる「グリアジン」という物質が食欲を促進させる働きがあって、だからパンやスイーツを食べだすと止まらないという現象を起こすこと。

小麦を食べると血糖値が急上昇するので、それを下げるためのインスリンが過剰に分泌されるため、脂肪を溜め込み、結果として太りやすくなる・・・と教わりました。

確かに、お米のごはんは適量で満腹感が得られて腹持ちもいいのに、パンはいつもあれだけ大量に食べてもすぐにお腹がすくし、もっともっと食べたくなっていたことを思い出しました。

翌日から、私も早速グルテンフリーを実践。
最初はパンが食べたくて仕方がなかったのですが、1週間を過ぎたあたりから自然と欲しくなくなりました。

グルテン以外の食品、野菜やフルーツ、肉、魚、豆、お米などをバランスよく食べていると、無理をせずに食事量も減ってきました。

そうなったらもうこっちのもの!開始から3ヶ月経ちましたが、現在マイナス3キロを達成!
体重が落ちたことだけではなく、肌もキレイになってきて嬉しい限りです。

これからの季節、スキンケアや紫外線のケアももちろん大切。
しかし年間を通して特にお手入れと怠ってはいけない箇所と言えば、なんといっても髪の毛です。

冬は乾燥、夏は紫外線、梅雨時は湿気など…髪の悩みは尽きることがありません。
そこで私が普段から気を付けている、お風呂の時間にできる髪の毛のお手入れ方法をお教えしたいと思います!

まずはシャンプー…の前に、髪の毛を櫛で梳いてからぬるま湯で軽く洗い流しましょう。
こうする事で髪の絡まりを解しつつ、余計な汚れを洗い流す事ができます。

そして手のひらでシャンプーをモコモコになるまで泡立たせてから頭皮をマッサージするように指の腹で優しく洗い、シャワーで泡が残らぬようしっかりと洗い流しましょう。シャンプーが頭皮に残ってしまうと痒みの原因となる事があるので十分お気を付けください。

次にリンスを適量手のひらに取りしっかり伸ばし、毛先をメインに揉み込みましょう。
お使いのリンスの種類にもよりますが、5分から10分ほど馴染ませてから洗い流します。

タオルドライ後はドライヤーの前には洗いながさないトリートメントを髪の毛全体に馴染ませる事でドライヤーの熱によるダメージを軽減してくれます。
「自然乾燥の方が良いのでは?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、濡れたままでは髪はダメージを受けてしまいます。
必ずドライヤーで乾かしましょう。

毎日出来る事だからこそ、小さなところからコツコツ積み上げて理想の美髪を手に入れましょう!